動揺性めまいの原因|めまい大辞典

*

めまい大辞典では、目眩の原因・症状・対策などを一般の方にも分かりやすくご説明しております。


2009年2月27日

動揺性めまいの原因

 ふらつきを起こす症状を動揺性めまいと言います。発生部位は、主に脳の脳幹というところになります。また、小脳という部位でも起こる場合もあります。脳幹や小脳は中枢神経と言われ、とても重要な個所と言われています。

 そのため、動揺性は危険と言われることもありますが、危険か危険ではないかは動揺性・回転性・眼前暗黒感だけでは判断できません。軽いふらつき程度の症状だけの方は多くいます。動揺性は、中枢性・全身性・薬剤性・心因性・に分かれます。このページでは以下の項目で、動揺性のめまいの原因について説明していきます。

  1. 中枢性めまいの原因
  2. 全身性めまいの原因
  3. 薬剤性めまいの原因
  4. 心因性めまいの原因

脳の解剖図


▼中枢性めまいの原因

 中枢性とは、小脳や脳幹に重大なトラブルがあることで起こります。特に脳幹や小脳に腫瘍・梗塞がある場合や悪性発作性頭位めまい症・脊髄小脳変性症などの病気の症状として出る場合もあります。

 一番重要なのは、やはりこのような病気がないかを調べることが重要です。脳神経外科に行くと詳しく検査できますので、頻繁に起こる方は、一度は必ず検査をすることを強くお勧めします。不安がっていても何の解決にもなりません。

» 中枢性めまいの対策について...

▼全身性めまいの原因

 全身性とは、部分的な場所が悪いのではなく、文字通り全身的な問題から起こることを言います。一番多い例は、自律神経失調症です。ぐるぐる回る回転性めまいの多くの原因もこの自律神経失調症と考えられますが、ふわふわとふらつきを起こす動揺性もその原因は同じ自律神経失調症であることが多いです。

 特に脳幹は自律神経の大元であり、心拍・血圧・呼吸・嘔吐反射・平衡感覚などの神経が並んで存在します。そのため、自律神経失調症になると平衡感覚が狂いやすく、ふらつくことが起きやすくなります。

 また、貧血や発熱なども全身性に入ります。貧血になると倒れる方もいらっしゃいますが、倒れるまで悪くない方は貧血でフワフワとしたりクラッっとするような、ふらつきを起こす動揺性と似た症状が出ます。また発熱でもこのようなめまいを感じることがあります。

» 全身性めまいの対策について...

▼薬剤性めまいの原因

 お薬を飲んでいる方でめまいのある方は、薬の副作用を調べることをお勧めします。風邪薬でも副作用でめまいが出る場合もあります。下記は症状の出やすい薬です。

薬剤性めまいの原因

  • 抗生物質
  • 精神安定剤 (デパス・セルシン・ワイパックス・ソラナックスなど)
  • 降圧剤(血圧を下げる薬)
  • 坑パーキンソン病薬

市販薬でも副作用として症状が起こるものがあります。例えば...

  • バファリン顆粒
  • コンタックかぜ総合
  • プレコール
  • ルル

 感冒薬は全体的に、副作用にめまいが起こることのある薬が多いです。風邪薬に限らず、市販の薬を服用されている方は、薬の箱の裏でご確認ください。これらは精神神経系に影響を与える薬のため、ふらつきを起こす原因になります。

» 薬剤性めまいの対策について...

▼心因性めまい

 医療機関で検査を受けたが、明確な検査結果がでないときに、心因性という言葉が使われます。良く言われる「特に異常は見られませんね」「問題ありませんね」と言われるときにも心因性として扱われることもあります。医師に「気のせい」と言われて憤りを感じた方もいると思います。

 実はこのような場合は、自律神経失調症によるめまいであることが疑われます。自律神経失調症は、検査結果が明確に出ないことも多く、病院で原因不明と言われる多くが自律神経失調症であるという報告があります。精神的ストレスから自律神経失調症になり、その症状としてめまいを起こす方もいます。
※詳しくは「めまいと自律神経失調症」のページをご覧ください。

» 心因性めまいの対策について...


めまいの原因


*

 めまいに詳しい整体院