眼前暗黒感の原因|めまい大辞典

*

めまい大辞典では、目眩の原因・症状・対策などを一般の方にも分かりやすくご説明しております。


2009年2月27日

眼前暗黒感の原因

 眼前暗黒感は、文字通り目の前が急に暗くなることを言います。分かりやすく言うと立ちくらみです。これが酷くなると失神に至ります。失神とはきわめて短時間だけ意識を失うことを言います。そのため眼前暗黒感のことを失神前兆と呼ぶこともあります。

 めまいの種類と原因と対策のページでもお伝えしましたが、原因は脳の虚血状態(血流が悪くなる状態)です。そのため、めまいと少し異なります。しかし、立ちくらみなどの眼前暗黒感の症状がある方は「めまいがする」と訴えることも多いので、めまいの部類に入れておきました。

なぜ、脳の虚血状態が起こるのかというと、その原因は主に5つあります。

  1. 血圧低下・不整脈などの循環器系の障害によるもの
  2. 体位の変動によるもの
  3. 出血によるもの
  4. 薬によるもの
  5. その他の原因

では、そのそれぞれをご説明いたします。

▼循環器系の障害

 心臓の問題により、心臓から出される血液の量が減ってしまうと、血圧が低下して脳にまで血液が送れなくなってしまいます。すると目の前が真っ暗に感じて倒れてしまうことがあります。原因は心臓の病気なので、そちらの対策が重要となります。詳しくは内科、もしくは循環器科を受診ください。

» 循環器系の障害による、めまいの対策について...

▼体位変動によるもの

 体位変動というと分かりにくいと思いますが、立ちくらみなどが分かりやすいと思います。起立性低血圧ともいいますが、座った状態からいきなり立つと、頭の位置が上にあがるため、血液を座った状態よりも上に持ち上げないといけなくなります。そのため、血圧が高くならないといけないのですが、何らかの理由で血圧が高くならないために立ちくらみを起こします。

 立ちくらみの原因で多いのが自律神経の病気、いわいる自律神経失調症です。血圧は自律神経がコントロールしています。そのため自律神経が狂い始めると、血圧を体の状態に合わせてコントロール出来なくなり、立ちくらみになりやすくなります。
※詳しくは「めまいと自律神経失調症」のページをご覧ください。

 お風呂から急に出た時の立ちくらみも同じです。お風呂の水で圧力がかかっていたので、お風呂からですと、その圧力がなくなるので、血圧が急に低くなってしまいます。また、頸性めまいといい、首を曲げたままの時に気を失うそうになったり、そのような前兆が出てくる場合があります。これは椎骨動脈が何らかの影響で(多くはアテローム)細くなっているところに、首を曲げることにより血液の流れが悪くなり、脳に行く血液の量が減り、脳が虚血状態になります。

» 体位変動による、めまいの対策について...

▼出血によるもの

 出血すればそれだけ血液量が減り、脳のいく血液量が減ります。そのため脳が虚血状態になり、眼前暗黒感になります。通常皮膚などのからの出血は、見て分かるので何らかの処置をしようとします。しかし、胃潰瘍などの病気が悪化して体内で出血していると気づかないため、知らず知らずに血液量が減ってしまうことがあります。胃や十二指腸などに潰瘍がある方は、潰瘍の状態も知っておくことがいいでしょう。

» 出血による、めまいの対策について...

▼薬によるもの

 薬の副作用で血圧が低下してしまい、脳の虚血状態になり眼暗黒感になることもあります。その多くの原因は降圧剤です。高血圧の病気があり降圧剤を飲んでいる方が、だんだんと血圧が下がってきたとします。そんな時に降圧剤が効きすぎると血圧が必要以上に下がってしまう恐れがありますのでお気を付け下さい。

» 薬による、めまいの対策について...

▼その他の原因

 その他の原因として、ショックな出来事などが起こると急激な血圧低下を伴うこともあります。そのため、目の前が真っ暗に、脳が虚血状態になり倒れてしまうのです。また、アナフィラキシーショックなど、アレルギー系の反応でなることがあります。また、まれにお酒の飲み過ぎで自律神経が麻痺し、血圧が急に低下し立ちくらみのような眼前暗黒感になることがあります。

» その他の原因による、めまいの対策について...


めまいの原因


*

 めまいに詳しい整体院